2006年4月25日 (火)

松たか子さんの最新アルバム「僕らがいた」を買いました。

約2年半ぶり、豪華アーティストのコラボレーション。

スキマスイッチ
真島昌利(ザ・ハイロウズ)
和田唱(トライセラトップス)
武藤昭平(勝手にしやがれ)
NEMO(元COOL DRIVE)

僕らがいた

2曲目「水溜まりの向こう」、5曲目「ソレアレス・メモリー」、10曲目「僕らがいた」超Good! が、いい感じ。

いろんな松たか子さんがいるけど、私は、歌っている松たか子さんが一番好き。歌声が気持ちいい。メロディ、ハーモニーが気持ちいい。

ビール(モルツ)飲んでゆっくり聴くのがいいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

カニ味噌

渡辺美里コンサートに行ってきました。(ネタばれ)

最初は元気に歌っていたのですが、3曲目くらいの「トマト」で、突然、美里の声が途切れ途切れに。いつものように感極まって歌えないのかなぁ、って思っていたのですが、どうも様子が違う感じ。キーが高いところでは、まったく声が出ていなく、無理して歌っているようでした。そして、曲が終わると、

「タイム。ちゃんと歌いたいから、体調を整えさせてください。」といって、ステージ裏へ。何年か前の千葉公演中止の悪夢が…。

美里さんに変なプレッシャーを与えてはいけないと思ったのか、観客みなさん静かに待っていました。待つこと15分、美里再びステージへ。 復活宣言!!。 きちんと歌えなかった「トマト」を再び歌いだしました。みさっちゃん、カッコイイー!! カッキーン☆

その後、危ないところがあったものの、後半には、完全復活し、最高のコンサートになりました。
魚の骨でもひかかっていたのかなぁ。

【MCネタ】
北海道ライブ後のスタッフさんたちとの打ち上げが終わり、道端でたむろしていたときのことでした。イヤリングがとれてなくなっていることに、美里さんが気がつきました。それは、HNK紅白のために買ったお気に入りで、大切な大切なイヤリング。そのことを聞いたスタッフさんたちは、雪の積もった道から居酒屋の掘りごたつまで、一生懸命探しました。たけど、なかなか見つかりません。みんながあきらめかけていたそのとき、食べたカニの甲羅の中に光るものが...。という、話でした。

【CD】渡辺美里 / Sing and Roses <2005/11/23>渡辺美里 / Sing and Roses  2,913 円
渡辺美里/M・Renaissance~エム・ルネサンス~渡辺美里/M・Renaissance~エム・ルネサンス~ 3,420 円

渡辺美里 スタジアム伝説 FOREVER 1986~2005 BORN FINAL(初回限定生産)15,047円

| | コメント (0) | トラックバック (0)